< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年05月04日

鶏ムネ肉の蒸し焼き レモングラス風味 すごく詳しい説明付きです

ソーラークッカーで鶏ムネを料理すると、うんまあい。です。
再現性はあります。
私も、クッキング仲間複数も体験しております。

パネル式ソーラークッカーは、集光ゆるゆるタイプなので
ガス火や電気調理と比較すると、アリエナイような低温での調理になります。
※ちゃんと測ったことが少ないのですが、快晴の日でも80℃台、せいぜい90℃かと思います。
  (食材に油が多いともう少し上がる可能性はあります。
   また、雲が多目だったりすると、もっと低温になると思われます)
この低温が、どうやらツボらしいです。
※パラボラ型とか、真空管式とかの市販のクッカーは発熱量も多いので
 ちょっと事情は違います。ここでは、あくまでも銀紙で作ったハンドメイドのパネル式使用ってことで。

ソーラークッカーならではの、この美味しさは、
自分だけで楽しむのは勿体ないので
どうやって作ったかを紹介してみたいと思いました。
紹介するからには、詳しーくいきたいと思います

(1)容器は、底を水性塗料で黒く塗った金属製パイ皿を使いました。
外径21cmですが、もう少し小さい方が扱いやすい。でも、思うようなサイズのものって案外手に入らないので、ありあわせのもので。

(2)そして、たっぷりのレモングラスを敷き詰めました。
 レモングラスは香りづけのためです。何も無しでもいいですが、お好みのハーブ類を加えると、風味が一段、上等な感じになるんです。


パイ皿の底は、こんなです。

※塗らなくても、もともと黒い金属容器なら使えます。サイズは限定されません。手元にあるものを使えばよろし。
 ただ、大きい容器の方が、黒塗り面積が多いせいか集光、発熱量は大きくなります。
 重いと逆に、発熱量は落ちます。
 
焼き芋用の黒ホイルで包むという方法もあります。
 因みに黒のケーキ型は意外と入手しにくいですが、たまに100円ショップで売っています。
 


(3)レモングラスの上にクッキングシートを敷き詰めました。
上で書いた黒ホイルじゃありませんよ。お間違えなく

※紙を敷かないで肉を直接置いてしまうと大変。レモングラスが肉にめりこみ、除去するのに一苦労します。レモングラスは香りがたいそう良いのですが、葉は固いので、香りだけいただき、本体にはお引き取りいただきませう。

(4)鶏ムネ肉を置きます。今回は2枚、550gを使いました。

※かなり、分量としては多目ですが、それで良しとしました。
 目指すところは、低温でじっくりですから、分量は多目の方が、熱が通るのに時間をかけられると踏みました。

(5)黒い蓋をしました。私はダイソ-で買った21cmのケーキ型を使いました。
  白っぽく見えますが、反射光で光ってしまいました。もともと真っ黒です。

 

※(1)でも書きましたが、容器も蓋も、お手持ちのサイズを使えばいいので、数字にとらわれることはありません。
 
 (6)以降
長くなったので、とりあえずここで中断、投稿します。
続きはあらためて。

容器のサイズが違えば加熱具合にどう影響するか
    and
日差しの具合とか、調理時間とかの条件出しについても
    and
かもちゃん自身の作り方の図面
    and
クッカーの材質についてとかも
    について
 
あらためて、しっかり書いていきますね。
これまでは、作り方としては、他の人のサイトを引用してただけでした。
しかし、ソーラークッキングは加熱をするものですから
熱傷の可能性もあるし、道具が熱で変質する可能性もあります。
そういったマイナスのところを、ちゃんと書かなくちゃと、思うようになってきました。

丁寧に書きたいので、ぼちぼちとになりますが
どぞ、ご容赦ください。
 
  

Posted by かもちゃん at 10:39Comments(4)原理や仕組み、出来ること

2017年01月21日

裏ワザ@冬のソーラークッキング

かもちゃん家ではソーラークッカーは、年始から活躍しておりますが
さすがに冬の日差しは弱く、日照時間も短いので加熱能力は低いです。
具体的に何度くらいまで上がるかは
実際に測定したことはないですが、推定で70℃~95℃といったところじゃないかな。夏場は水が軽く沸騰するくらいまで上がりますが、冬はせいぜい70℃~85℃というところじゃないでしょうか。

経験によると、冬場や、夏でも晴れ具合いまひとつの時は、植物性材料の加熱は不向きのようです。
対して、肉や卵の成功率は高いです。

植物材料には細胞壁があります。ざっと言うと、それはセルロース類(食物繊維)で出来ています。セルロースは高分子多糖類。細胞の中身も、細胞壁と同じではありませんが分類で言うと、やっぱり高分子多糖類。高分子多糖類を壊さないと材料は柔らかくなりません。そのための温度は、肉類よりも高めに必要です。
※具体的な数字は条件や素材によって違うので調べ切れてないです。

一方肉類は細胞壁がありません。
しかもタンパク質でできています。
タンパク質にも色々あるのですが、加熱による変性は、高分子多糖類より低い温度で起こります。

この差が、出来不出来を左右しているんだと思っています。
※推測なので、ここだけの話ね。

そんな冬場でも、植物材料をうまく調理する裏ワザを見つけました。
冷凍野菜を使うことです。

冷凍野菜は予め加熱してあります。だから既に細胞壁は壊れており、あとは「あったまりさえすればいい!」わけです。
それって調理? というツッコミは、まーそのご勘弁くださいな。

今回は冷凍カボチャを使ってみました。
遊びゴコロで、ココナツミルクと一緒に煮てみました。
2~3時間ほどほったらかしで、美味しく出来ました。
ちょっと気をよくしたので、バリエーションを広げてみたくなりました。













植物の細胞と動物の細胞の違いだと思います。

  

2016年08月29日

鳥居式ソーラークッカーの作り方

私が使っているのは、鳥居式ソーラークッカーです。
鳥居ヤス子さんという方が発案されたものです。
紙、ハサミ、ノリやテープで作れる、とても簡単な仕掛けなのに
色んな料理が立派に出来てしまう、超優れもの。

こちらのサイトに⇒http://www.natural-sky.net/club/solarcook/
図解入りで作り方が載っています。

かもちゃんは、容器などに自分なりの工夫をちょっと加えて使っております。


  

Posted by かもちゃん at 17:57Comments(0)原理や仕組み、出来ること

2016年02月06日

災害時に役立ちます

私がソーラークッキングを始めた理由は
シンプルに面白いと思ったからですが

続けている理由は、本当に役に立つと実感しているからです。
想像していたよりも、ずっとずっと、「これは使える!」と感じます。

1m四方にも満たない厚紙にアルミホイルを貼って、ハサミで切りこみを入れて折り曲げた超簡単キットが
お日様の光を集めてくれて
中心に置いた黒塗りの容器が熱に変換してくれて
かぶせた透明容器が熱を保ってくれて

そんな単純な仕掛けでちゃんと調理が出来る。
ふつうのオーブンを使うより、ずっと美味しくできるものもあります。
(例えばケーキ)

それだけでなく、
災害時には、ものすごく重宝だと思います。
ガスも電気も使えない時、
お日様さえ出れば、お湯が沸かせます。
この安心感は、絶大だと思います。

一家に一台、用意してみてはいかがでしょうか?

〇ソーラークッカーの詳しい作り方はコチラです → 
かもちゃんは、空き缶とペットボトルのかわりに、それぞれ10cm直径の蓋付き容器と透明ボウルを使っています。






  

Posted by かもちゃん at 17:18Comments(0)原理や仕組み、出来ること

2015年07月13日

パラボラ型ソーラークッカー

前々から欲しかったパラボラ型のソーラークッカーを
ついに手に入れました。
お値段は万円単位。

手作りのしょぼいクッカーで、ちまちまクッキングをしている様子を見て
ダンナさんが買ってくれました。
名目は、「誕生日プレゼント」です。
こういう誕生日プレゼントって、全国で我が家くらいかも。
・・・まっそれはともかくとして

パラボラ型は、さすがに高性能です。
いつもなら1時間以上かかるケーキが30分くらいで出来上がりました。
卵も乳製品も白砂糖も使わないオリジナルレシピです。
  


これなら、今までは出来なかった、開放タイプの料理もできそうです。
梅雨明けも間近の様子。
かんかん照りの太陽を、今年は使い倒します。





  

Posted by かもちゃん at 21:38Comments(2)原理や仕組み、出来ること

2015年04月02日

ガス代タダでパン♪

久々のオフ。
晴れたので、お庭でソーラークッキング。
なんとなく作りたくなって、パンを焼いてみました。
そしたら

予想以上に、うまく焼けてしまいました!





以前にも一度作って成功しているので
これで再現性確認ってことで
myレシピ集に、堂々、パンが加わりました。

主食が作れるって、なんか嬉しいです。

オーブンで焼いたら、ゆうに20分はガスを使います。
その分のガス代も、タダです~♪


レシピ
(小麦粉270g、砂糖 大匙1、塩 小さじ半分、ドライイースト 小さじ半分を水150ccでこねて、室内で一晩ほっといて一次発酵後、丸めて型に入れ、室内でで5時間くらいほっといて二次発酵、ソーラークッカーにセットして、1時間ほど、お日様の下にほっといて焼き上げました。)



---------- 井戸端カガクのお知らせ--------------

・テーマ「発酵食品」

・5/9(土) 午後1時半~3時頃 
 その後、お茶とお菓子タイム

・場所  アート&カフェ サンゴミズキ 
 つくば市天久保4-5-18 / ℡ 90-4548-9740

・参加費 詳しい資料とお茶、お菓子付きで1000円です。

・資料等の準備のため、ご予約をお願いしております。
 ご希望日を、このブログのコメント欄か、サンゴミズキさんまでお知らせください。
 ブログ横のメッセージフォームでも、ホームページの連絡先アドレスでも結構です。
 ※コメント欄は承認後に表示される仕組みです。

その次のテーマは「紫外線対策」です。6/3(水)と7/11(土)です。
 場所と時間、参加費は上と同様です。こちらについては、5月にあらためてご紹介します。

--------------------------------
  

Posted by かもちゃん at 15:16Comments(0)原理や仕組み、出来ること